ART HANA MODE

おすすめの本を紹介しています

本★長編(小説)

学園ミステリー小説『古典部』を読もう!米澤穂信のオススメシリーズ

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ)の古典部シリーズを紹介します。学園ミステリーの代表的作品です。「古典部」とは何なのか?廃部寸前の部活に入った男女が日常に潜む謎を解いていきます。誰も知らないミステリーは万能鑑定士Qだけじゃありません!

『幻想シリーズ(堀川アサコ)』の順番は?怖くないホラー&ミステリー小説!

怖いのは嫌だけれど、オバケの小説が読みたい。そんな人にぴったりの作品(シリーズ)があります。堀川アサコの『幻想シリーズ』です。ホラーというかミステリーというか。ドタバタ劇?そんな小説を探している人にピッタリの作品です。ここでは作品の順番や…

ガンダムを知らない人にもオススメ!『∀ガンダム』2つの小説版

ガンダム小説は数多く出ています。そのなかでも雰囲気が違うシリーズがいくつかあります。今回は「∀ガンダム」を紹介します。小説版は2種類あります(福井晴敏版・佐藤茂版)。ガンダムを知らない人でも楽しめる作品です!

『路地裏のあやかしたち』誰もが知っている妖怪がたくさん!優しい作品

妖怪が出てくる小説を探している。でも小難しいのはイヤだ。そんな人にぴったりの作品です!『路地裏のあやかしたち 綾櫛横丁加納表具店』作・行田 尚希。優しい雰囲気で、どこか懐かしさが感じられるはなしです。過激な戦いなんかはありません。オススメで…

【松岡圭祐】異色の作品!『グアムの探偵』とは?

読みやすい探偵小説を探している。でもハードボイルドはちょっと・・・という人も多いはず。今回はそんな人でも安心して読める、しかも感じの良い小説『グアムの探偵』を紹介します。電子書籍版もあります。

旅の本の代名詞!沢木耕太郎『深夜特急』。一人旅を追体験できる作品

旅の小説を探している人にピッタリの本を紹介します。沢木耕太郎の『深夜特急』です。タイトルは知っているけれど読んだことはない。そんな人もいるかと思います。こんな時代だからこそオススメしたい作品です。

【シリーズ完結?】小説『神様の御用人』の神様一覧

浅葉なつの神様の御用人シリーズに登場する神様を紹介します!各巻から、五十音順、ともに検索できます。この記事を読めば、神様を思い出すきっかけになります。作品をさらに楽しむことができます!

柳本光晴って知ってる?いま熱い漫画『響~小説家になる方法~』と『龍と苺』を読もう!

漫画家・柳本光晴作品の紹介です。映画化もされた『響~小説家になる方法~』と現在連載中の将棋漫画『竜と苺』の漫画と小説。紙版も電子書籍版もあります。どちらもいま読んでおくべき漫画です!

千里眼シリーズを読もう!読む順番を知っていれば怖くない!松岡圭祐の世界

松岡圭祐氏のエンターテイメント小説。千里眼シリーズ。複数の出版社から複数冊出ているので読みたくても躊躇してしまいます。しかし読む順番&時系列が分かれば怖くありません。ぜひ松岡圭祐の世界にどっぷりつかってください。

ちょっと変わったミステリー小説。シリーズものの本を紹介します。

ミステリーと聞くと殺人事件を探偵が解決するはなしを思い浮かべる人が多いと思います。しかし、そうでない作品もたくさんあります。今回はその中からおすすめを紹介します。

万能鑑定士Qシリーズに関係する松岡圭祐のシリーズ小説。(α、探偵の探偵、水鏡推理)

万能鑑定士Qは他のシリーズの主人公と関わりがあります。それが「特等添乗員αの難事件」「探偵の探偵」「水鏡推理」。今回はQシリーズ以外の作品を紹介します。

万能鑑定士Qシリーズの小説を紹介。20冊以上出ているのでまとめてみました

万能鑑定士Qシリーズは松岡圭祐の長編作品です。映画化もされています。本編だけで20作以上。クロスオーバーされたものを含めるともっとあります。長編の良いところは長い時間、その世界観を楽しめることです。主人公である凜田莉子(りんだ・りこ)と一…

東洋風ファンタジー小説を読もう!アジアの風を感じて。

日本人作家による、東洋風ファンタジーです。長編&シリーズもの。東洋か西洋か判断がつかない作品もあります。今回は7作品を紹介します。守り人やアルスラーンも!

日本が舞台のファンタジーを読もう!長編&シリーズ小説のおすすめ

長ければ長いほど、その世界観に浸っていられる長編小説&シリーズもの。今回は日本人作家による、日本が舞台の和製ファンタジーです。 神様、陰陽師、山伏などてんこ盛り。