ART HANA MODE

おすすめの本を紹介しています

本★長編(小説)

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 Ⅵ 【松岡圭祐】オススメシリーズ第6段!

松岡圭祐氏の新シリーズ『ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論』第6巻が発売されました。今回は芥川龍之介の『桃太郎』がキーワードとなります。主人公の李奈の家族のはなしも入り込んできます。李奈はこの状況にどのように立ち向かっていくのでしょうか?今…

オススメの青春小説!森美登美彦『四畳半シリーズ』の世界観を堪能せよ

甘酸っぱい恋だけが青春小説じゃない!もっと「ダメな」小説が読みたい。モテない主人公が奮闘する小説を。今回オススメするのが森見登美彦の『四畳半シリーズ』です。続編も出ています。

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 V 信頼できない語り手 【松岡圭祐】オススメシリーズ第段!

松岡圭祐氏の新シリーズ『ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論』第5巻が発売されました。今回は李奈がとある事件の容疑者候補になってしまいます。そこで登場するのが『万能鑑定士Q』の凛田莉子!これを聞いただけでワクワクするはずです。エンターテイメント…

松岡圭祐の新シリーズ小説『JK』!今作のアクションも見逃せない

松岡圭祐の小説!新シリーズが登場しました。その名も『JK』です。舞台は神奈川県にある高校。前作『高校事変』も高校の話しでした。前作とどのように違うのでしょうか?バイオレンス&エンターテイメント小説の新シリーズ開幕です。

松岡圭祐のシリーズ小説に登場する魅力的なヒロインたちを一挙紹介!

松岡圭祐作品の登場人物は誰が好きですか?松岡作品には様々なシリーズがあります。その中でも今回は魅力的なヒロインたちに焦点を当てて紹介します。

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 IV シンデレラはどこに【松岡圭祐】オススメシリーズ第4段!

松岡圭祐氏の新シリーズ『ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論』第4巻が発売されました。今回のキーワードは「盗作」「シンデレラ」です。世界中に似た物語が存在するのはなぜなのか?今回もエンターテイメント感たっぷりの小説。オススメです!

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 IIIクローズド・サークル【松岡圭祐】オススメシリーズ第3段!

松岡圭祐氏の新シリーズ『ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論』第3巻が発売されました。今回は李奈が「孤島」で活躍します!これを聞いただけでワクワクするはずです。エンターテイメント小説、オススメです!

語り部たちの物語!「煌夜祭」多崎礼【おすすめファンタジー小説】

隠れた名作、多崎礼の『煌夜祭(こうやさい)』を紹介します。毎年、冬至の夜になると語り部たちが集まってきます。彼らによって紡がれていく物語はどのようなものなのでしょうか。ビターなファンタジー小説。オススメです。

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 II【松岡圭祐】オススメシリーズ第2巻!

『ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 II』の続編登場!2ヶ月後に続編が発売されました。小説家の杉浦李奈が主人公のシリーズ『ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論』を紹介します。

リアルなフィクション&青春小説!『ミッキーマウスの憂鬱』(松岡圭祐)

松岡圭祐の小説『ミッキーマウスの憂鬱(ゆううつ)』『ミッキーマウスの憂鬱ふたたび』を紹介します。ディズニーランドを舞台にした小説はいくつかありますがエンターテイメント青春小説は少ないはず!疾走感とうんちくなら他の追随をゆるさない作品です。…

松岡圭祐の新シリーズ『écriture 新人作家・杉浦李奈の推論』

今度の主役は新人作家。今作の主人公・小説家の李奈は普通の女の子。物語が進むにつれて徐々に成長していきます。そんなところも魅力のひとつです。松岡圭祐の新シリーズ『écriture 新人作家・杉浦李奈の推論』を紹介します。

現代と異世界のファンタジー小説!宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー』

今回は宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー』を紹介します。みんながオススメする長編ファンタジー小説。待ちに待った電子書籍版も発売されました。小説の種類は?漫画版は?などを説明します。

小説・掟上今日子(おきてがみきょうこ)の忘却探偵シリーズ!順番は?

忘却探偵シリーズとは「 掟上今日子の忘備録」から始まる小説のシリーズです。ドラマにもなった作品なので名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。非常に人気のある本作。どの順番で読むとよいのか説明します。

松岡 圭祐の小説『高校事変』。女子高生の無双を目に焼き付けろ!

松岡圭祐のシリーズ小説『高校事変』の紹介です。今作でも強い女性が活躍します!女子高生の結衣が謎の勢力と戦いを繰り広げ、日本社会の闇を暴いていきます。松岡圭祐氏のエンターテイメント小説、新シリーズです!

児童書だがあなどれない!『ダレン・シャン』で吸血鬼の世界を満喫しよう

『ダレンシャン』は児童書として出版累計が1,000万部以上、全世界では2,000万部以上という世界的ベストセラーです。吸血鬼をキーワードに様々な人たちが事件に巻き込まれていきます。ダークファンタジーの名作です!オススメです。 累計1,000万部、全世界で…

学園ミステリー小説『古典部』を読もう!米澤穂信のオススメシリーズ

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ)の古典部シリーズを紹介します。学園ミステリーの代表的作品です。「古典部」とは何なのか?廃部寸前の部活に入った男女が日常に潜む謎を解いていきます。誰も知らないミステリーは万能鑑定士Qだけじゃありません!

『幻想シリーズ(堀川アサコ)』の順番は?怖くないホラー&ミステリー小説!

怖いのは嫌だけれど、オバケの小説が読みたい。そんな人にぴったりの作品(シリーズ)があります。堀川アサコの『幻想シリーズ』です。ホラーというかミステリーというか。ドタバタ劇?そんな小説を探している人にピッタリの作品です。ここでは作品の順番や…

ガンダムを知らない人にもオススメ!『∀ガンダム』2つの小説版

ガンダム小説は数多く出ています。そのなかでも雰囲気が違うシリーズがいくつかあります。今回は「∀ガンダム」を紹介します。小説版は2種類あります(福井晴敏版・佐藤茂版)。ガンダムを知らない人でも楽しめる作品です!

『路地裏のあやかしたち』誰もが知っている妖怪がたくさん!優しい作品

妖怪が出てくる小説を探している。でも小難しいのはイヤだ。そんな人にぴったりの作品です!『路地裏のあやかしたち 綾櫛横丁加納表具店』作・行田 尚希。優しい雰囲気で、どこか懐かしさが感じられるはなしです。過激な戦いなんかはありません。オススメで…

【松岡圭祐】異色の作品!『グアムの探偵』とは?

読みやすい探偵小説を探している。でもハードボイルドはちょっと・・・という人も多いはず。今回はそんな人でも安心して読める、しかも感じの良い小説『グアムの探偵』を紹介します。電子書籍版もあります。

旅の本の代名詞!沢木耕太郎『深夜特急』。一人旅を追体験できる作品

旅の小説を探している人にピッタリの本を紹介します。沢木耕太郎の『深夜特急』です。タイトルは知っているけれど読んだことはない。そんな人もいるかと思います。こんな時代だからこそオススメしたい作品です。

【シリーズ完結?】小説『神様の御用人』の神様一覧

浅葉なつの神様の御用人シリーズに登場する神様を紹介します!各巻から、五十音順、ともに検索できます。この記事を読めば、神様を思い出すきっかけになります。作品をさらに楽しむことができます!

柳本光晴って知ってる?いま熱い漫画『響~小説家になる方法~』と『龍と苺』を読もう!

漫画家・柳本光晴作品の紹介です。映画化もされた『響~小説家になる方法~』と現在連載中の将棋漫画『竜と苺』の漫画と小説。紙版も電子書籍版もあります。どちらもいま読んでおくべき漫画です!

千里眼シリーズを読もう!読む順番を知っていれば怖くない!松岡圭祐の世界

松岡圭祐氏のエンターテイメント小説。千里眼シリーズ。複数の出版社から複数冊出ているので読みたくても躊躇してしまいます。しかし読む順番&時系列が分かれば怖くありません。ぜひ松岡圭祐の世界にどっぷりつかってください。

ちょっと変わったミステリー小説。シリーズものの本を紹介します。

ミステリーと聞くと殺人事件を探偵が解決するはなしを思い浮かべる人が多いと思います。しかし、そうでない作品もたくさんあります。今回はその中からおすすめを紹介します。

万能鑑定士Qシリーズに関係する松岡圭祐のシリーズ小説。(α、探偵の探偵、水鏡推理)

万能鑑定士Qは他のシリーズの主人公と関わりがあります。それが「特等添乗員αの難事件」「探偵の探偵」「水鏡推理」。今回はQシリーズ以外の作品を紹介します。

万能鑑定士Qシリーズの小説を紹介。20冊以上出ているのでまとめてみました

万能鑑定士Qシリーズは松岡圭祐の長編作品です。映画化もされています。本編だけで20作以上。クロスオーバーされたものを含めるともっとあります。長編の良いところは長い時間、その世界観を楽しめることです。主人公である凜田莉子(りんだ・りこ)と一…

東洋風ファンタジー小説を読もう!アジアの風を感じて【長編&シリーズもの】

日本人作家による、東洋風ファンタジーです。長編&シリーズものを紹介します。東洋か西洋か判断がつかない作品もあります。今回は7作品を紹介します。守り人やアルスラーン戦記以外にも魅力的な作品がたくさんあります。

日本が舞台のファンタジーを読もう!長編&シリーズ小説のおすすめ

長ければ長いほど、その世界観に浸っていられる長編小説&シリーズもの。今回は日本人作家による、日本が舞台の和製ファンタジーです。 神様、陰陽師、山伏などてんこ盛り。