ART HANA MODE

おすすめの本を紹介しています

絵本★シリーズ

鬼の絵本&児童書&図鑑!魅力的なオニの本を紹介します

鬼が出てくる絵本や児童書の数は驚くくらいたくさんあります。ここでは小さい子でも楽しめる鬼の本を紹介します。オススメのものばかり。少しですが図鑑も紹介しています。

猫の妖怪が出てくる絵本&児童書【ばけねこ・ねこまた】

化け猫・猫又・・・猫の妖怪は有名です。それらが出てくる絵本や児童書もたくさんあります。ここでは、子ども向けの、猫のオバケのオススメの本を紹介します。

座敷童(ざしきわらし)が出てくる絵本&児童書を厳選!オススメ作品の紹介

座敷童(ざしきわらし)がいる家には幸せが舞い込むといわれています。そんな座敷童が出てくる絵本&児童書を紹介します。オーソドックスなものから、ちょっと変わったものまで。いろんなタイプのオススメ本があります!

傘のオバケ!絵本&児童書にも【唐傘(からかさ)小僧】がいっぱい!

妖怪の絵本&児童書!今回は「からかさオバケ」です。唐傘、かさ化け、傘オバケなど、いろんな名前で呼ばれています。傘のオバケが活躍する本を紹介します。

ろくろ首の絵本&児童書!魅力的な妖怪のオススメ本の紹介

妖怪やオバケが出てくる、オススメの絵本&児童書を紹介します。ここでは、意外と数の少ない、ろくろ首。その本を紹介していきます。ぜひ、お気に入りを作ってください。

【のっぺらぼう の絵本&児童書】みんなが知っている顔のないオバケの本

顔のない妖怪、のっぺらぼう。誰もが知っているオバケが出てくるオススメの絵本&児童書を紹介します。昔ながらのものから、怖くない楽しい本まで。いろんな角度から のっぺらぼうを味わうことができます。お気に入りを探してみましょう。

【てんぐの絵本&児童書】 天狗の不思議な力と伝承を描く新しめの作品たち!

天狗(てんぐ・テング)の絵本&児童書を紹介します。可愛い本から骨太な本まで様々。ここでは新しい本(2018~2023年出)を中心に紹介しています。意外と多い天狗の本を親子で楽しみましょう!

河童の絵本&児童書を紹介します!【2018~2023年の新作】

河童(かっぱ・カッパ)の絵本や児童書は山のようにあります。ここでは2018年~2023年に出版されたオススメの本(約20冊)を紹介します。

水木しげる以外のオススメ「妖怪」の本【子どもからOK!】

子どもでも楽しめる妖怪の本を探している人向け!妖怪の図鑑は意外とたくさんあります。ここでは、あえて「水木しげる」以外の妖怪本を紹介しています。

『パンどろぼう』シリーズ(柴田ケイコ)は 憎めないキャラクターでいっぱい!

大人気絵本の『パンどろぼう』シリーズ(柴田ケイコ)を知っていますか?独特なイラストで素敵なストーリーが描かれている本シリーズ。対象年齢はいくつなのでしょうか?どんな本が出ているのでしょうか?ここでは本のオススメポイントを紹介します。

あきやまただし『へんしんシリーズ』は読み聞かせで大人気の絵本!

ためになる、ことば遊びの絵本をお探しの方に。あきやまただし『へんしんシリーズ』はいかがでしょうか?ことばが変化していく様子は、子どもにとって興味を惹かれるはずです。ここでは『へんしんシリーズ』+αの20冊以上を紹介します。

広瀬克也の妖怪本!子ども向けオススメ絵本【何歳でもOK】

おばけや妖怪の絵本はたくさん出ています。水木しげるもよいけれど、広瀬克也も忘れてはいけません。水木氏とは違った味わいがあります。特徴のあるイラストでいろんな種類の妖怪が登場します。広瀬克也の妖怪シリーズ。おススメです!

【○○くんがね】とよたかずひこ「おいしいともだち」シリーズ【しんぱいごむよう】

絵本「おいしいともだち」シリーズを知っていますか?とよたかずひこ氏による絵本です。「○○くんがね・・・」 「しんぱい、ごむよう!」とリズムがよいことで有名な絵本です。ここではシリーズの紹介をしています。

「よのなかルールブック」シリーズは子どものための生きる参考書

日本図書センターの「よのなかルールブック」を知っていますか?対象は幼稚園生~小中学生。世の中で生きていくためのルールや考え方を教えてくれる本です。押しつけがましくなく、イラストもかわいく見やすい。プレゼントにもピッタリの本です。

子どもに喜ばれるプレゼント!オススメの「しかけ絵本」

「しかけ絵本」とは、触ったり動かしたりすると絵が変化する絵本のことです。飛び出す絵本、折り畳み絵本などが有名です。今回はプレゼントにぴったりの「しかけ絵本」を紹介します。

プレゼントにオススメ!絵本『The Book of Sense』シリーズの紹介

友達や知り合いの子に絵本をプレゼントするときのポイントは何なのでしょうか?今回は絵本を選ぶときに気をつけたいこと3つを説明します。さらにオススメの絵本シリーズも紹介します。

中川ひろたか&村上康成『ピーマン村』シリーズは子どもが見やすい絵本!

子どもからも大人からも愛される絵本「ピーマン村」シリーズ。文・中川ひろたか&絵・村上康成。本のストーリーが分かるようになってくる3歳くらいの子にはぴったりの作品です。登場人物たちが様々な日本の行事を教えてくれます。オススメ!