ART HANA MODE

おすすめの本を紹介しています

本★その他

ズッコケ三人組!続編があるって知ってた?大人になったハチベエたちに会おう

『ズッコケ三人組』に続編があるのを知っていますか?ハチベエ、ハカセ、モーちゃんたちが40代になったころのはなしです。全11巻。那須 正幹先生が生涯をかけて書かれた名作シリーズの続編です。3人はどんな大人のなったのでしょうか?オススメです!

電子コミックで漫画を読もう!無料「試し読み」&月額「読み放題」オススメは?

「ネットで漫画が読みたい!しかも無料で!」「いやいや、少しなら払うから毎月読みまくりたい!」最近話題の電子コミック。やたらと会社が多いので何を選べばよいのか分かりにくいですよね。今回は私が実際に使ってみたり、周囲の反応を見てオススメの電子…

妖怪小説が読みたい!荒俣宏の『妖怪大戦争』原作&ノベライズ

映画化もされた荒俣宏の『妖怪大戦争』『妖怪大戦争ガーディアンズ』!小説&関連作品もあわせて紹介しています。『帝都物語』だけじゃない。妖怪にも深くかかわっている荒俣先生の著書をオススメします。

万城目学の小説『ホルモー』と『鹿男』は胸の熱くなるファンタジー

万城目 学(まきめ まなぶ)氏は日常にファンタジーが絡んだ作品でおなじみの作家です。「まんじょうめ」さんではありません。今回は特にファンタジー色が強い『鴨川ホルモー』『ホルモー六景』『鹿男あをによし』というオススメの作品を紹介します。

細田守『竜とそばかすの姫』小説版の種類と感想

細田守監督の2021年最新作。『サマーウォーズ』と同じように仮想世界が存在する世界のおはなしです。圧倒的な映像と音楽。この小説版があるのをご存知ですか?今回は話題のアニメーション映画『龍とそばかすの姫』の小説版を紹介します。

恩田陸『夜のピクニック』の紹介!いろんな要素が含まれている良質な小説

恩田陸の『夜のピクニック』を紹介します。2005年に本屋大賞1位の作品なので、読んだ人は多いのではないでしょうか。名前だけは知っているという人にもオススメの青春小説。ただの青春では終わらない、読んだ後に爽快感を感じられる作品です。

隠れた名作!曽野綾子の「太郎物語」。読んでおきたい青春小説

曽野綾子さんの太郎物語りを紹介します。古き良き昭和の、すれていない少年が主人公のはなしです。良質な青春小説をお探しの方にオススメです!

羽生さんや藤井君しか知らないなんて言わせない!渡辺明の魅力【将棋の本】

棋士・渡辺明の著書の中から、将棋に詳しくなくても読みやすい本の紹介をします。渡辺明の魅力を感じられること間違いありません。

【kobo】挿絵(イラスト)がない小説【電車の中でもOK!】

電車の中でも安心して読むことができる「挿絵イラスト」がない電子書籍(kobo)を紹介します。ファンタジー、ライトノベル中心です。

出口汪で論理を学ぼう!オススメの本19冊を紹介します

塾講師の出口汪が出している論理本のまとめです。どんどん出てきますが、根本の考え方は同じです。自分の好きな本から読み始めてOKです。

論理を勉強したい人が読むべき本(入門書)2冊!専門書を読むより簡単・時間短縮だ

なんだかとっつきにくいイメージのある論理。その論理の基礎を簡単に学べる本を紹介します。専門書を読み込むのも勉強になりますが、わかりやすく書かれている本を読むのは、勉強の導入として時間短縮にもなります。今回は論理の入門書を2冊紹介します。

ムーミンの原作小説9作品を読もう。読む順番はどうする?

フローレン?ノンノン?スノークのお嬢さん?アニメで見たことはあるけれど、小説では読んだことがない。そんな人が多いのではないでしょうか?アニメと同様に優しい雰囲気で包まれている作品です。このアニメには原作となる小説を照会します。

恒川光太郎の小説。ノスタルジックな雰囲気を味わえる不思議な本を紹介します

恒川光太郎(つねかわ こうたろう)の世界にどっぷり浸かろう!分類的にはホラーですが、いわゆる恐怖小説、スプラッター小説ではありません。世にも奇妙な物語に例えられることが多い作風です。ちょっと不思議な、日本の(もしくはアジアの)異世界に紛れ込…

秩父が舞台のアニメ映画の原作小説&ノベライズ

秩父が舞台のアニメがいくつかあります。そのなかで超平和バスターズ(長井龍雪、岡田麿里、田中将賀)に関連する原作小説、ノベライズを紹介します。

細田守監督作品(小説)を読んで夏を感じよう(本の紹介)

細田守が映像化した小説の紹介です。読んでいて夏を感じる小説ばかりです。キーワードは「夏」「田舎」。『サマーウォーズ』『バケモノの子』『未来のミライ』『おおかみこどもの雨と雪』『時をかける少女』 (筒井 康隆)

子どもにイライラしてしまったときに読む子育て本 

はせがわわか著『1人でできる子になるテキトー子育て』子育ては24時間、365日続きます。私も自分の子にイライラしたことは数え切れないくらいあります。そんなときにおすすめの本本です。気持ちが楽になります。いま現在、子育てをしている、これから子育て…

将棋のルールを知らなくても楽しめる小説(本の紹介)

将棋を題材にした小説 将棋を知らなくても楽しめる作品をあつめました。 瀬川晶司『泣き虫しょったんの奇跡』 大崎善生『聖の青春』 橋本長道『サラの柔らかな香車』 橋本長道 『サラは銀の涙を探しに』 杉本晶子 『歩のおそはや ふたりぼっちの将棋同好会』…

会ったこともない人をネット上で叩く理由とは?中野信子の本で原因を探そう

本の紹介です。『人は、なぜ他人を許さないのか?(中野信子)』 より。会ったこともない人をネット上で叩く理由とは?「自分は正しい」「悪いことをしたんだから叩かれるのは当たり前」それを決めるのは誰のでしょうか?このような、正義に酔った人の考え方…