ART HANA MODE

おすすめの本を紹介しています

スポンサーリンク

細田守監督作品(小説)を読んで夏を感じよう(本の紹介)

夏を感じる小説

読んでいて夏を感じる小説はたくさんあります。

そんななかでも、今回は「原作」+「映像化」で夏を感じる作品です。

キーワードは「夏」「田舎」「細田守」です。

 

 

 

『サマーウォーズ』

 

サマーウォーズ

岩井 恭平/細田 守 KADOKAWA 2009年07月25日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 おすすめ:★★★★★

田舎と仮想空間で起こる事件に、1人の少年が立ち向かうはなしです。映画でも話題になった作品です。そのノベライズ版。

キーワードは

・「夏」と「田舎」

・「仮想空間」と「AI」

・「家族」と「孤独」

「いま自分ができることをやる」ことの大切さ

人との絆の物語です。

いろんなドタバタがありますが、基本的に明るいはなしです。 

読み終わってからもスッキリする爽やかです。どこかノスタルジックな雰囲気があります。

 

 

 

『バケモノの子』

 

バケモノの子

細田守 KADOKAWA 2015年06月20日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

おすすめ:★★★★★

擬人化された動物?化物?の世界で繰り広げられる冒険活劇です。

父親とは?というテーマで人との絆について書かれています。

主人公の師匠は、そっけないし不器用です。なんだか良いイメージはありませんでした。

読み進めていくにつれて、主人公とのやり取りで師匠の内面が浮き彫りにされていきます。それからは師匠のことが好きになって、なんだかんだで最後には2人を応援したくなります。

 

 

 

『未来のミライ』

 

未来のミライ

細田 守 KADOKAWA 2018年06月15日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ


おすすめ:★★★★☆

主人公のくんちゃんは4歳。最近、妹が生まれました。ママを妹に取られてしまい妹に嫉妬しています。そんななかで、様々なタイムリープを経験します。それを通して自立していく。そんなはなしです。

ゆっくりと時間が流れていく感じです。

映画版は声優にも賛否両論あった作品です。

ただ、映像はきれいで見とれてしまいます。

 

 

 

『おおかみこどもの雨と雪』

 

おおかみこどもの雨と雪

細田 守 KADOKAWA 2012年06月22日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

 おすすめ:★★★☆☆

子どもの成長を見守る母親のはなし。小説も映画版も賛否が分かれる作品です。

オオカミと人間のハーフの子は、どちらの世界で生きていくのか?

良い意味でも悪い意味でも裏切られた、という感じです。

映画版はとくに賛否が分かれる作品です。見ていて居心地が悪いというか、せっかく小説を読んで「面白い」と感じたとしても、「あれ?」と思うことが多かったです。

 

 

 

『時をかける少女』 筒井 康隆

 

時をかける少女 〈新装版〉

筒井 康隆/貞本 義行 KADOKAWA 2006年05月25日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ


おすすめ:★★★★☆

誰もが知っている筒井康隆の作品です。もはや古典に分類されるくらいです。

しかし、いま読んでみても古くはありません。しかも面白い。

筒井康隆の小説が細田守によって映像化されるとどうなるのか?

まず主人公が違います。

それだけで「どういうこと?」となると思います。

その他にも違いがたくさんあります。

違いを探すのも楽しいです。