ART HANA MODE

おすすめの本を紹介しています

スポンサーリンク

秩父が舞台のアニメ映画の原作小説&ノベライズ

超平和バスターズって何だ?

 

秩父が舞台になって話題になったアニメ&映画がありました。いまだに聖地巡礼が行われているようです。これらを作ったのが「超平和バスターズ」。長井龍雪、岡田麿里、田中将賀によるアニメーション制作チームです。今回は原作小説とノベライズの紹介です。

 

 

 

 

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

 

おすすめ:★★★★☆

ひとりの少女に起きた出来事を、仲の良かった友達がそれぞれのありかたで長年ひきづっている、といはなしです。それが数年たって再び動き出します。はたして良い方向に進むのか?

秩父に行くと、この作品のキャラクターのパネルがあちこちにあります。 

アニメは、風景や空気感などの雰囲気がよい作品です。エンディングテーマをZONEの「secret base 〜君がくれたもの〜」を使用しています。カバーですが。この曲が作品に合っていてずるいです。

※アニメ版、実写ドラマ版のみ。映画版は挿入歌として使用

 

 

小説 心が叫びたがってるんだ。

 

おすすめ:★★★☆☆

 

声を出すとお腹が痛くなる少女を中心とした学園もの。

高校生特有の恋や友人関係の悩みなどを抱えつつも、それぞれが一歩進んでいくはなしです。

少し重い内容もありますが、基本的に「力を合わせて頑張ろう!」という青春のはなしです。

主要人物よりも脇役の気持ちの動き方が自然で、読んでいて気持ちがよいです。 

アニメ、小説以外に実写映画も存在します。

 

空の青さを知る人よ

 

おすすめ:★★★☆☆

いろんな人たちの過去と現在のはなしです。

あの花と比べると、登場人物たちの年齢層はぐっと上がります。

他の2作品は学生の青春がメインでした。それらと比べると落ち着いた雰囲気です。

しかし、ファンタジー色が強い作品となっています。

ちょっとだけ新海誠作品っぽい?ちょっとだけですが。 

緑色の表紙は〈角川つばさ文庫〉版です。    

 

 

まとめとして  

 

秩父に行くと「あの花」の看板がたくさんあります。

聖地巡礼をしているファンも多くいます。

行けない!という人も小説を読んで切ない気分を味わってみてください。