ART HANA MODE

おすすめの本を紹介しています

スポンサーリンク

おすすめの本:自転車・ロードバイクの漫画13選

 

弱虫ペダル

渡辺航 (現在66巻)

おすすめ度:★★★★★

言わずと知れたロードバイク漫画です。連載は「週刊少年チャンピオン」。運動音痴な主人公がロードバイクに出会って成長していく話しです。64巻からMTB編が始まりました。話しの流れも大きく変わり、目が離せなくなっています。賛否が分かれる作品かもしれませんが、ハマればとことんハマる作品です。自転車に乗りたくなります。

 

弱虫ペダル SPARE BIKE

渡辺航 (現在7巻)

おすすめ度:★★★★★

『弱虫ペダル』のスピンオフ作品です。連載は「別冊少年チャンピオン」。そのため、本編よりは本が出るペースがゆっくりめです。本編に出てきたキャラクターが中心となったはなしが数話で完結します。主人公の先輩たちのはなし、大学でのはなしなど。こちらも目が離せません。
 

 

 

Over Drive

安田剛士 (全17巻)

おすすめ度:★★★★☆

気弱な主人公が好きな女の子のためにロードバイクに乗っていく成長譚です。連載は「週刊少年マガジン」。絵もきれいで、かつ熱い話です。『弱虫ペダル』よりもフィジカル重視?です。必殺技とかは出てきません。主人公が調子に乗ってくるのですが、それが許せればハマる作品だと思います。 

 

ツール!

大谷アキラ (全8巻)

おすすめ度:★★★★★

片田舎の主人公がロードバイクに乗り、ツール・ド・フランスをめざしていく話しです。連載は「週刊少年サンデー」。ひっそりと続いていましたが、途中でクラブサンデーという、当時、ネットで配信していたサンデーの漫画配信サイトに移籍。その後も、途中で早めに終わった感があります。もっと読んでいたかった!と思う作品です。 

ツール!(8) (少年サンデーコミックス)

ツール!(8) (少年サンデーコミックス)

 

 

のりりん

鬼頭莫宏 (全11巻)

おすすめ度:★★★★★

車が好きな主人公がロードバイクにハマっていく様子を描いた作品です。連載は「イブニング」。この本の作者は『ぼくらの』等で、シリアスというか陰鬱な作品を書いていました。キャラクターも感情が薄い感じの絵。しかし、この『のりりん』は秀逸。シリアスではあるのですが、陰鬱な感じはなく、作者の「自転車が好き」な感じが伝わってきます。自転車の知識もつまっています。

 

 

サイクリーマン

原田尚(全3巻)

おすすめ度:★★★★★

主人公が会社の人たちと一緒にロードバイクを楽しむはなしです。連載は「モーニング」。主人公は自転車経験者で知識も実力もある人です。しかし、嫌みな感じはまったくなく、読んでいて気持ちの良くなる作品です。誰かと自転車に乗ってもいいかな、と思えてきます。それなのに・・・突然の完結。

 

 

はやめブラストギア

竹山祐右(全8巻)

おすすめ度:★★★★★

ロードバイクでレースをして、負けたら勝者から自転車のパーツを取られる、というすごいはなしです。連載は「ヤングキング」。こういうはなしは、キャラクターのセクシーシーンばかり出てくるイメージがあります。しかし、この作品は違う。熱い。作者が「ちゃんと」自転車が好きなことが伝わってきます。必殺技とかバンバン出てきますが、おすすめです。

 

 

Oddsシリーズ

石渡治

競輪を題材とした作品です。この作者の作品は熱いはなしが多いです。この作品では、競輪学校のはなしから始まり、実際の競輪のレースへと舞台を移していきます。連載する雑誌が変わってからはお色気シーンが増えていますが・・・。本来は骨太の素敵な話です。

競輪学校編 :おすすめ度:★★★★★

・Odds -オッズ-『週刊ヤングサンデー』(全10巻)
・Odds +1『スピリッツ増刊 YSスペシャル』(全1巻)

競輪編 :おすすめ度:★★★★☆

・Odds GP!『漫画アクション』(全14巻)
・Odds VERSUS!(『漫画アクション』、既刊19巻)

 

 

かもめ☆チャンス

玉井雪雄(全20巻)

おすすめ度:★★★★★
サラリーマンである主人公が、ロードバイクに出会い、人生が変わっていくはなしです。連載は「ビッグコミックスピリッツ」。無理のないリアルな作品です。絵が嫌いでなければぜひ。

 

 

じこまん〜自己漫〜

玉井雪雄(全3巻)

おすすめ度:★★★★☆

作者が実体験を書いたエッセイ漫画?です。連載は「別冊漫画ゴラク」』→「ゴラクエッグ」過酷なレースに参加する様子が面白いです。のめり込み過ぎて、少し大変な感はありますが・・・。

 

 

穂高輪花のチャリと飯。

狐古さやか(現在1巻) 

おすすめ度:★★★★☆

ロードバイクに乗って美味しいご飯を食べに行くはなしです。どちらかというと「ご飯」に比重が傾いていますが・・・。しかし、主人公の女性が自然体でロードバイクやミニベロに乗っているさまがガッコイイです。愛車のメーカーも含めて、無理していない感じが好感が持てます。

[rakuten:book:19937788:detail]



 

 

ろんぐらいだぁす!

三宅大志

おすすめ度:★★★☆☆

主人公の女の子が、ロードバイクに出会って成長していくはなしです。連載は「月刊ComicREX」→「月刊ブシロード」。作者は「自転車が好きなんだろうな」と感じられる作品です。いわゆる「萌え」のキャラクターですが、これが受け入れられるなら、楽しめます。話し自体は面白いです。

[rakuten:book:19868009:detail]

 

東京自転車少女

わだぺん。 (全11巻)

おすすめ度:★★☆☆☆

女子高生たちがポタリング(自転車散歩)をしながら過ごすはなしです。連載は「コミック アース・スター」。ロードバイクも出てきますが、自転車がメインのはなしではありません。かわいい女の子のキャラクターがたくさん出てきます。絵もきれいです。それが好きなら。

[rakuten:rakutenkobo-ebooks:15437688:detail]

 

 

 

自転車・ロードバイクの小説はこちら

sozai.hana-mode.com